クマは野ばらに恋をする
神様はあたしに言った。
――「強くなりてえなら、俺のガードをしろ」
と。

――今日からあたしは、神様のガードウーマンになった。
Last update 2010/2/9 
What's New
※一部PG-12の要素を含む表現があります。

2/9 続編19話更新

「第3回アルファポリス恋愛小説大賞」投票期間終了しました。
応援ありがとうございました。

あらすじ
コンビニのアルバイト店員・真千は、片想いをしていた同僚の仁に大失恋をした。傷心のあまり、駅ビルのベンチで泣く彼女。

涙で頬を濡らす彼女の背に、見知らぬ男の声が降りかかる。
「強くなりてえのか?」
突然現れたスーツの男は言った。
「強くなりてえんだろ?だったら俺のガードをしろ」

自分を振った仁を見返すために強くなりたいと願う真千は、男の強引さに流されるまま、契約を交わしてしまう。

男は、町を護る組織“まもりがみ”の一員である勇馬。組長の座を継ぎたくない彼は、真千との契約を使って組織からの脱却を図る。

強くなりたい真千と、組織から逃げたい勇馬。
二人の作戦が今はじまった……。

登場人物
秋月真千(あきづきまち)
22歳。駅前のコンビニでアルバイトをしている。
特に美貌に恵まれているわけでもなく、洒落っ気もあまりない。
バイト先の同僚に片想いしている。不器用で片付けが苦手。
軽いウェーブのかかったミディアムヘアーは、パーマが取れかかっているのを放置しているだけ。色白で、切れ長の目をしている。

神藤勇馬(しんどうゆうま)
31歳。町を護る役目をつかさどる家系に生まれた男。
基本的に遊び人で女好き。態度が横柄だが、いざというときには最も頼りになる。口調が軽く飄々としていて、いつもスーツ姿。
割と童顔だがよく見るとなかなか精悍な顔つきを持つ。長身でがっしりした体格。「糸花組」の次期総長候補。

長谷見仁(はせみじん)
27歳。真千のバイト仲間。態度は好青年そのもの。
“まもりがみ”の一派である「籠鳥組」の次期総長。自分の代で糸花組を逆転することを目標に定め、それゆえ勇馬をライバル視する。
告白してきた真千を振るが、彼女が勇馬と関わっていることを知り、利用しようとする。

小山田心(おやまだこころ)
28歳。糸花組の一員。幼少の頃から勇馬と一緒に育てられてきた、勇馬の幼馴染で弟分。彼をサポートするために行動をともにする。愛称は「ココ」。普段はドラッグストアに勤務。
丸い眼鏡をかけ、勇馬以上に童顔のため、未成年に間違えられることが多い。茶髪を長めに伸ばしているが、周囲からは不評。
自らの能力はそこまで長けておらず、勇馬の存在を頼りにしている。

神藤大悟(しんどうだいご)
62歳。「糸花組」の総長で勇馬の父。
組織一の能力とカリスマ性を持ち、勇馬にあとを継がせたがっている。
氷野家とは旧知の仲。籠鳥組とは犬猿の仲。

氷野レイカ(ひのれいか)
27歳。勇馬の婚約者。糸花組の傘下の家の娘。
勇馬に魅力を感じ、寄ってくる。
前髪パッツンのおかっぱでちょっとミステリアス。化粧のしすぎとの声もある。

川中稲穂(かわなかいなほ)
22歳。真千の高校時代の同級生。さっぱりした性格。
真千の部屋に入り浸るようになった謎の男の存在を気にかけている。

神藤龍太郎(しんどうりゅうたろう)
87歳。「糸花組」の第35代総長で勇馬の祖父。
現在は引退して表に出ることはあまりない。
かつては協力しあって街を守護していた三つの組が敵対しあうようになってしまったことを嘆いている。そして状況の打破を勇馬に託す。

舞台設定
「青角町」……都内にある住宅街

“まもりがみ”……町を守護する秘密の組織
「糸花組」……“まもりがみ”の一派
「籠鳥組」……“まもりがみ”の一派
「帆翔組」……“まもりがみ”の一派

“まもりがみ”の特殊能力
物体を遠隔操作することのみ可能

本編
0  はじめに
1  まもりがみ見習い、誕生
2  作戦開始
3  任務失敗
4  天敵
5  波乱の総会
6  異変とさだめ
7  婚約者
8  純情女の危機
9  ダブルパンチ
10 失態
11 味噌汁
12 こんにちはクマさん
13 フニャとクロ
14 揺らぎ
15 黒いクマとワカメ
16 誤解
17 空飛ぶシューズ
18 彼女の数には歴史あり
19 渋味のティータイム
20 過ち
21 遭遇
22 結束
23 予兆
24 完敗
25 サマーヘアーにクマは笑う
26 初デート?
27 擁護
28 対峙、そして決別
29 鼓動
30 それぞれの涙
31 クマは、野ばらに恋をした
32 いつもとちがう夜
33 黒クマ問答
34 もうひとつの影
35 イキシアは籠の鳥
36 再開への序章
37 オレンジ色の魔法
38 真実の心
39 混乱
40 鬩ぎ合い
41 パフェと孤独の夜
42 無言の最後通告
43 一番の砦
44 クマはベンチで涙する
45 受け継がれるもの
46 スイートバースデイ
47 続・スイートバースデイ
48 ポタージュの導き
49 唇の誘惑
50 スカートの残り香
51 嫉妬
52 針は静かに進んで
53 秋色のカーディガン
54 カウントダウン
55 落とされた爆弾
56 対峙と危機
57 逆転
58 もうひとりのまもりがみ
本編あとがき

続編
1  静かな波乱
2  ココの大作戦
3  夕暮れの妄想
4  改心とうわさ話
5  新たな絆
6  真紅の夢
7  幸福のテラス
8  暴かれた秘密
9  ダメージ
10 紅葉のワインディング
11 水曜日の逢瀬
12 内緒のデート
13 チョコレート色の幸せ
14 新たな種
15 見えない優しさ
16 一抹の不安
17 通りすがりの神様
18 救いのアドバイス
19 尋問
soon・・・

番外編
クマと野ばらのバレンタイン
本編終了後、二人の迎えるはじめてのバレンタイン。モテ男と不器用女、それぞれの想いは……


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。








サイトトップへ戻る

Copyright(C) harukazekikou all right reserved.